本連載では、JWA公認 Webアナリスト検定を受けてみたい!という人向けに、私が勉強したことをベースに解説を簡単にまとめ、不定期に公開したいと思います。


こんにちは。ソリューション開発部の飯出(いいで)です。システムエンジニアとしての業務の傍ら、「そるでぶろぐ」の運用や改善を中心とした「情報発信」分科会をまとめています。

この度、 JWA(一般社団法人 日本Web協会)公認 Webアナリスト検定 を受講してみました。

受講に至った経緯ですが、

  • 「そるでぶろぐ」の運用、特に “カイゼン” に繋げるスキルを身に着けたい。
  • デジタルマーケティング事業を手掛けるお客様にお世話になっているので、その事業の根幹を理解したい。
  • 名刺に「Webアナリスト」って書いてあったら、ちょっとカッコイイでしょう?

です。

今回は、 Webアナリスト検定 で学べるカリキュラムを中心にご紹介致します。実際に受けてみた感想も載せているので、これから受けようと思っている方の参考になりますと幸いです!

JWA公認 Webアナリスト検定の申し込み

学習内容

「Webアナリスト」とはどういうものかを理解し、アクセス解析などWebマーケティングの実務を行う上で必要となる用語や定義、仕組みを体系的に会得するための学習をします。また、一部 Google Analytics を用いた解析方法についても説明があります。

カリキュラム

書籍 Webアナリスト検定 公式テキスト の1章~7章を対象(書籍は10章まであります)に、用語の説明とポイントの解説中心の講義を行います。また、各章ごとに演習問題が準備されていて、知識の定着を図っています。

JWA公認 Webアナリスト検定

  1. Webアナリストとは
  2. ユーザーフローに沿ったデータ分析の考え方
  3. 集約・流入
  4. 回遊
  5. コンバージョン
  6. リテンション(リピート)
  7. デジタルマーケティング概論

試験内容

80分間で、カリキュラムに合わせた内容が出題され、4択で回答します。

  • 試験時間: 80分(試験開始30分以内と、残り10分は退出できません。)
  • 出題数: 70問
  • 合格基準: 各カテゴリで40%以上、かつトータル75%以上
  • 出題範囲: 書籍 Webアナリスト検定 公式テキスト の1章~7章

受けてみた感想

Webアナリスト検定の講座案内 にも記載がありますが、

  • 自社のWebサイトの改善を任されているが、何をどうしたらいいのかわからない。
  • Webに関わる仕事に就いてきたものの、自分が担当してきた業務以外のことはよくわからない。
  • アクセス解析をはじめとするWeb解析、マーケティング業務のスキルを身に着けたい。

といった基礎学習中心の講義と試験となっていますので、若手エンジニアや初心者向けにはとても解りやすい内容です。

私たちのようにWebシステム構築の仕事が多い、特に ECサイト構築 や Webシステムのスマートフォン対応 に関わっているスタッフがこの知識を得ていると、更に良いご提案をお客様にできるのではないかと思います。

今後、各章の概要やポイントについて連載していければ良いなと思います。

ソリューション開発部では、資格・検定の取得や各種セミナーの受講にも力を入れています。メンバー自らが受講してみたい講座を選ぶことによって、自らの意志によってスキルアップができる環境を整えています。


Webアナリスト検定 連載一覧


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「株式会社アークシステム」をフォローしよう!

【受けてみた】JWA公認 Webアナリスト検定https://devlog.arksystems.co.jp/wp-content/uploads/2016/03/office-620823_1920-1200x797.jpghttps://devlog.arksystems.co.jp/wp-content/uploads/2016/03/office-620823_1920-150x150.jpgiide情報発信分科会資格・検定Webアナリスト検定,Google Analytics,カイゼン本連載では、JWA公認 Webアナリスト検定を受けてみたい!という人向けに、私が勉強したことをベースに解説を簡単にまとめ、不定期に公開したいと思います。【受けてみた】JWA公認 Webアナリスト検定(本記事) 【Webアナリスト①】Webアナリストのお仕事 【Webアナリスト②】Webサイトのボトルネックを特定する 【Webアナリスト③】Webサイトへ集客を行う方法 【Webアナリスト④】集客に関する指標の用語や計算式のまとめこんにちは。ソリューション開発部の飯出(いいで)です。システムエンジニアとしての業務の傍ら、「そるでぶろぐ」の運用や改善を中心とした「情報発信」分科会をまとめています。 この度、 JWA(一般社団法人 日本Web協会)公認 Webアナリスト検定 を受講してみました。 受講に至った経緯ですが、「そるでぶろぐ」の運用、特に 'カイゼン' に繋げるスキルを身に着けたい。 デジタルマーケティング事業を手掛けるお客様にお世話になっているので、その事業の根幹を理解したい。 名刺に「Webアナリスト」って書いてあったら、ちょっとカッコイイでしょう?です。 今回は、 Webアナリスト検定 で学べるカリキュラムを中心にご紹介致します。実際に受けてみた感想も載せているので、これから受けようと思っている方の参考になりますと幸いです!学習内容 「Webアナリスト」とはどういうものかを理解し、アクセス解析などWebマーケティングの実務を行う上で必要となる用語や定義、仕組みを体系的に会得するための学習をします。また、一部 Google Analytics を用いた解析方法についても説明があります。 カリキュラム 書籍 Webアナリスト検定 公式テキスト の1章~7章を対象(書籍は10章まであります)に、用語の説明とポイントの解説中心の講義を行います。また、各章ごとに演習問題が準備されていて、知識の定着を図っています。Webアナリストとは ユーザーフローに沿ったデータ分析の考え方 集約・流入 回遊 コンバージョン リテンション(リピート) デジタルマーケティング概論試験内容 80分間で、カリキュラムに合わせた内容が出題され、4択で回答します。試験時間: 80分(試験開始30分以内と、残り10分は退出できません。) 出題数: 70問 合格基準: 各カテゴリで40%以上、かつトータル75%以上 出題範囲: 書籍 Webアナリスト検定 公式テキスト の1章~7章受けてみた感想 Webアナリスト検定の講座案内 にも記載がありますが、自社のWebサイトの改善を任されているが、何をどうしたらいいのかわからない。 Webに関わる仕事に就いてきたものの、自分が担当してきた業務以外のことはよくわからない。 アクセス解析をはじめとするWeb解析、マーケティング業務のスキルを身に着けたい。といった基礎学習中心の講義と試験となっていますので、若手エンジニアや初心者向けにはとても解りやすい内容です。 私たちのようにWebシステム構築の仕事が多い、特に ECサイト構築 や Webシステムのスマートフォン対応 に関わっているスタッフがこの知識を得ていると、更に良いご提案をお客様にできるのではないかと思います。 今後、各章の概要やポイントについて連載していければ良いなと思います。ソリューション開発部では、資格・検定の取得や各種セミナーの受講にも力を入れています。メンバー自らが受講してみたい講座を選ぶことによって、自らの意志によってスキルアップができる環境を整えています。Webアナリスト検定 連載一覧【受けてみた】JWA公認 Webアナリスト検定(本記事) 【Webアナリスト①】Webアナリストのお仕事 【Webアナリスト②】Webサイトのボトルネックを特定する 【Webアナリスト③】Webサイトへ集客を行う方法 【Webアナリスト④】集客に関する指標の用語や計算式のまとめARK Solution Development Division Developers Blog.