Archives for ソリューション開発部

ソリューション開発部

「かっこいい画面」と言われても正直よくわからないのでユーザーインターフェース設計を勉強することにした

こんにちは。ソリューション開発部の佐々木(悠)です。 最近、思うところあってユーザーインターフェース設計について勉強しています。 今回はユーザーインターフェース設計について勉強してみようと思った背景から、研修に参加しこと、学んだことを元に実践してみたことについてまとめました。 そもそものキッカケ Webアプリの開発をする中で、お客様からこんなことを言われることはありませんか? 「この画面、もうちょ…
続きを読む...
ソリューション開発部

Oracle JDK 8 の無償アップデート終了後の選択肢は何があるのか

こんにちは、ソリューション開発部の桑原です。 先日、日本 GlassFish ユーザー会さん企画の に参加させていただきましたので、参加レポートを書いていきます。 前提:JDKサポートについて JDK 11のリリースが間近に迫り、 Oracle JDKのJDK 11以降の商用環境においては有償ライセンスが必要となる。 Oracle社から提供されるOpenJDKビルドは半年ごとのリリースかつ無償更新…
続きを読む...
ソリューション開発部

【QnA Maker②】AIサービスを利用して簡単にFAQ Botを作成

こんにちは。ソリューション開発部 情報発信分科会の飯出(いいで)です。 前回の記事に引き続き、既存のコンテンツから簡単に FAQ サービスを作成できると定評の AI サービス「QnA Maker」を使って、チャットからの問い合わせに答えてくれるサービスを作ってみたいと思います。 QnA Maker を使った FAQ データベースの作成方法については、前回の記事をご覧ください。 QnA Maker …
続きを読む...
ソリューション開発部

【QnA Maker①】AIサービスを利用して簡単にFAQ Botを作成

こんにちは。ソリューション開発部 情報発信分科会の飯出(いいで)です。 本業であるシステム開発業務の傍ら、このブログや当社サービスである BRoomHubs、まるごとおまかせZabbix、ならびに当社採用サイトの維持・管理を一手に引き受けています。あくまでも本業の傍らでの作業ですが、結構楽しみながらやっています。 時代の波に乗り遅れてしまった感はありますが、最近は当社の各サイトにチャット Bot …
続きを読む...
ソリューション開発部

HoloLensでMR花火大会~見逃した隅田川花火大会を再現してみた~

こんにちは。ソリューション開発部の中川です。 常識を打ち破れ 先日、MR花見という期待感を持てるテーマに対して微妙なスクリーンショットを公開してしまい、この数か月間寝付けない日々を送ってきました。 季節はもう夏だ、次はMR花火しかないだろう。 しかし、MR花見の悪夢を繰り返すわけにはいかない。何とかしなければ。 MR花見の問題とは、HoloLensをかけている本人はもっと花見っぽい風景が見えている…
続きを読む...
ソリューション開発部

社員どうしで熱く語りたいんだ。そうだ社内LT大会だ。

こんにちは。ソリューション開発部の桑原です。 先日、社内LT大会を開催いたしましたので、開催に至る経緯や当日の様子を紹介いたします。 LT:Lightning Talksの略で、短ければ3分、長くても10分程度で終わる短いプレゼンのこと。ゆるゆるな雰囲気のなか行われることが多いです。 きっかけ 社員どうしで熱く語りたいんだ 弊社社員には に紹介されるような技術的に優れた社員や、技術はもちろんのこと…
続きを読む...
ソリューション開発部

【Webアナリスト⑥】Webサイトでの回遊

本連載では、JWA公認 Webアナリスト検定を受けてみたい!という人向けに、私が勉強したことをベースに解説を簡単にまとめ、不定期に公開したいと思います。 【受けてみた】JWA公認 Webアナリスト検定 【Webアナリスト①】Webアナリストのお仕事 【Webアナリスト②】Webサイトのボトルネックを特定する 【Webアナリスト③】Webサイトへ集客を行う方法 【Webアナリスト④】集客に関する指標…
続きを読む...
ソリューション開発部

MR花見~HoloLensで花見をしよう~

こんにちは。ソリューション開発部 HoloLens分科会の中川です。 先生、花見が、、、したいです。 季節が巡るのはホントに早いですね。 ふと思い立って花見をしようとしたら、なんととっくに桜は散っていたんですよ。 満開の時は何となく、いつでもできるから、という気になって結局やらず。 桜が散ってから花見がしたくなる気持ち、わかりますよね? しかし2018年になった今、我々にはMR(Mixed Rea…
続きを読む...
ソリューション開発部

突撃! 隣のスクラムチーム(スクラム交流会:2回目)

こんにちは、ソリューション開発部 認定スクラムマスターの本間(manhole)です。 この一週間で大小合わせて15回くらいのふりかえりをしています。 (スクラムにはスプリント毎のふりかえりが組み込まれていますが、改善活動の一環としてふりかえりの頻度や対象を試行錯誤しています。← またの機会に書いてみたいと思います。) さて数ヶ月前になりますが、ARKメンバが参加している株式会社D2C様のスクラムチ…
続きを読む...
ソリューション開発部

スクラム開発における不具合(バグ)発生時の対処方法

こんにちは。ソリューション開発部 認定スクラムマスターの飯出(いいで)です。 システム開発をしていると頻度はチームによってまちまちですが、不具合に遭遇することが良くあると思います。 えっ、不具合なんて全く発生しない!?すばらしいチームに所属されているようですね。残念ながら、私たちのチームはそのようなチームではありません。多少の不具合に遭遇することはあります。 今回はスクラム開発における不具合発生時…
続きを読む...