de:code 2016 レポート ~マイクロソフトの大きなイベントに初めて参加してみた~

Azure IoT Hub, de:code, Microsoft Azure, セミナー・イベント

こんにちは。ソリューション開発部の花田です。

マイクロソフトが2016年5月24日~25日の2日間、東京で開催したイベント「de:code 2016」に参加してきました。

de:codeは マイクロソフトの最新テクノロジーをITエンジニア向けに紹介する大きなイベントであり、開催される公演数は100以上もあります。また参加者は約2000人にも及ぶそうです。

今回、この様なマイクロソフトの大きなイベントに参加するのが初めてだったのですが、事前にインターネットで調べてもイベント全体の流れを解説した記事があまり無いように感じましたので、イベント内容の全体的な紹介と、インプレッションについてお話しさせて頂きます。

全体スケジュール

de:code2016全体の大まかなスケジュールは下図のイメージの通りとなります。それぞれの催しがどのような内容なのかご説明します。

de:code2016全体の大まかなスケジュール

基調講演

de:codeで最初に実施される公演が基調講演(Keynote Session)であり、この時間帯に他の講演は実施されないため、来場者全員が基調講演に参加することになります。

複数フロアの壁を取り払って繋げた大きな会場になっていますが、全員は入れないため、定員になると別会場で中継映像を見ることになります。

自分は開演30分前にメイン会場に入りましたが、既に半分以上は席が埋まっていた様に感じました。基調講演を生で見たい方は、早めの会場入りをお勧めします。

de:code2016では、マイクロソフトのCEOであるサティア・ナデラさんも登壇されていました。日本のイベントに来るのはめずらしいとのことで、運良く初参加で有名な方を見ることが出来ました。

基調講演では、最新のマイクロソフトの技術に対する関わり方や考え方をデモを交えて紹介してくれます。

弊社でも調査している「Pepper」や、マイクロソフトの女子高校生AI「りんな」のデモに加え、Windows 10に導入予定のUbuntu Bashを使ってemacsなどを立ち上げるデモもありました。

近い将来、WindowsからLinuxコマンドを使って作業する日々が到来することを予感させられます。

これからブレイクアウトセッションに参加するにあたり、理解を深めていく先駆けとなる重要な講演でした。

なお、基調講演の動画は一般公開(日本語英語)されています。

ブレイクアウトセッション

基調講演が終わると、いよいよ100を超えるブレイクアウトセッションへの参加です。

とは言っても同時に複数の講演が実施されており、全ての講演には参加出来ないため自分が一番見たいと思った講演に参加することになります。

de:code2016で参加出来るのは最大でも13講演でした。

魅力的なセッションが多く、「参加したいセッションが同時に2つある。心と体が2つあれば・・・」と思うときも多かったのですが、ご安心下さい。

後日de:codeサイトにて各セッションの資料と動画が公開されますので、参加出来なかったセッションでも後で確認することが出来ます。

セッション内容のレベルの壁は思った程は高くなかったです。

あまり詳しくない技術分野の講演でも、理解出来ないというような事はありませんでした。

de:codeは最新技術についての講演を行うのが基本となっていますが、自分が参加したセッションの中には

  • 「設計書の書き方のポイント、テスト作業の効率化」
  • 「エラー発生時にOS標準ツールなどを使って調査する方法」

などの既存の技術や手法についての講演もありました。

このような講演で得た内容は、すぐにでも実践出来るものがありますので良いですね。

de:code2016のブレイクアウトセッション

なお、ブレイクアウトセッション「マイクロソフト最新テクノロジと魅力あふれる未来像」のレポートが当ブログのこちらの記事にありますのでぜひ合わせてご覧下さい。

EXPO

EXPOとは、大きな会場にてマイクロソフトやスポンサー企業が自社のサービスや新技術などを体験出来たり・紹介して貰えるブースがいくつも出展されているゾーンの事です。

自分はIoT Touch & Tryイベントに参加してみました。

手元にあるSurfaceとRaspberry Piが(見た目には分かりませんが)Azure IoT Hubで繋がっており、Surfaceの画面で色を選択するとRaspberry PiのLEDがその色に光ったり、逆にRaspberry Pi上のセンサーで計測した値がSurfaceの画面に表示されたりしていました。

Raspberry Pi自体を見るのを初めてでしたので、非常に貴重な体験となりました。

なお、他にEXPO会場では軽食コーナーや、スタンプを集めると抽選会に参加出来るイベントもありました。

SurfaceとRaspberry PiがAzure IoT Hubでつながる

PARTY

1日目の最後には、来場者向けの立食パーティーイベントがありました。…ですが、混雑していたので辞退させて頂き、帰りに会社の仲間と会場近くのお店で食事をして帰りました。

de:codeに参加してみての感想

さて、ここからはde:codeに参加してみての感想となります。

想定外に良かったところ

後日ダウンロード出来る資料と動画は、社内であればde:code未参加の社員にも共有することが許されています。de:codeの参加費用は高額なのですが、100を超えるセッションの資料を入手出来る事を考えるとお安いのかも知れません。

想定外に良くなかったところ

2016年のde:codeに限った話かもしれませんが、会場が非常に混んでいました。

お付き合いのある会社さんから「登壇するのでぜひ見に来て下さい」とお誘い頂いたにも関わらずすぐに定員になってしまい、参加出来なかったのが残念でした。

どうしても参加したいセッションがある場合は、ひとつ前のセッションの参加を見送るのも手かも知れません。

総括

de:codeに参加すると講演で知識が得られることはもちろんですが、普段の業務とは違い、大勢のITエンジニアと触れ合うことが出来るため、自分もITの未来を築く一員なんだと再認識することが出来ました。

難易度もそんなに高くないため、若手の方からベテランの方まで積極的に参加して頂ければと思います!

会場からは、東京タワーが見えました。
  • 株式会社アークシステムの来訪管理・会議室予約システム BRoomHubs
  • 低コスト・短納期で提供するまるごとおまかせZabbix