ARK社員に聞いてみた! リモートワークどうでしょう?

2020年4月9日リモートワーク,働き方改革

皆様こんにちは。ソリューション開発部の佐々木悠です。

3月以降、当社でもリモートワークが導入されています。かく言う私もリモートワークを始めてかれこれ一カ月がたちました。

一カ月もリモートワークを行っていると自分なりのやり方も固まってくる一方で、他のメンバーはどのようにリモートワークに取り組んでいるのか気になってきます。悩みとかやってよかったことなんかも共有したいですしね。

そこで、今日はリモートワーク中の当社メンバーにどんな風にリモートワークをしているか聞いてみました! 現在リモートワーク中の方や、これからリモートワークを始める方の参考になりましたら幸いです。

自宅環境

自宅のどこで仕事していますか?

在宅の作業場として、主にリビングルームの一角に陣取っています。本当は書斎が欲しいのですが、なかなか家庭事情が許しません。
なので、資料共有をするのみでこちらの映像はおくれません。。。

男の憧れ、書斎(女性でも憧れます)。
書斎がない場合や背景が気になる場合にはMicrosoft Teamsで背景をぼかすのもありですね。

 

リビングや寝室以外で唯一エアコンのある、物干し部屋を使っています。
書斎に暖房がなかったのでフットヒーターを買いました。
今までなぜ買わなかったのだろうと悔やむほど快適です。
自宅環境は在宅だからこそできる「陽のあたる場所」で観葉植物に囲まれて姿勢に気を付けて正座してやってます。(少したったら崩す)

空気清浄機・エアコン・日当たりなど、快適な空間の確保も必要になりますよね。
物干し部屋は雨が降ったらどうなるのでしょうか……。

PC周りはどんな感じでしょう?

1日2日の在宅ならこれまでコタツで仕事してたのですが、ある程度長期で在宅勤務することになりそうなので、少し奮発してビジネス椅子を買いました。
椅子一つでだいぶ快適になりました。
ほぼ自宅の自室で作業しています。
(必要な時だけ出社して会議室にこもってました)

椅子はオカムラの Sylphy(C68AXZ-FMP3)に座っております。だいぶ快適。
(アーロンチェアが高くて買えない人はオカムラを買うんや)

男の憧れ(2回目)、ビジネスチェア。机、椅子も長時間使うとなると気になりますね。
Herman Miller社製は言わずもがな、オカムラ社製も自宅にあったら離れられなくなるのでは?

ちなみに私はちゃぶ台に人をダメにするソファの組み合わせで仕事をしています。
毎日首がめちゃめちゃ痛いです。
 

WebEx利用時は、無駄なパケットをVPNに送信しないよう、別PC(MacBookPro)で接続しています。 音声入出力は内蔵で十分です。
(一応出力のみAudioIO接続でスピーカーに流しています。面接など必要に応じてちゃんとしたマイクを使います)

内蔵されていればマイクはそれで十分。でもマイクが内蔵されていないと、事件です。
実際にマイクが内蔵されていないPCがあったようですが、WebEx での電話回線を併用した音声接続で事態打開したそうです。マイク・スピーカーの事前確認が大事ですね。

 

画面共有など考えると、4K ディスプレイが1枚ないと作業してらんないですねー。
ノートのディスプレイ + 4K ディスプレイで作業しています。
通話時はゼンハイザーのヘッドセットを使っています。
ディスプレイはFull HDしかないので、4Kを買うか悩み中。
オフィスではデュアルディスプレイだったので、自宅用に4Kディスプレイを購入しました。
画面はHDMIでテレビにつないで補ってます。

システム開発において4Kディスプレイはすごい威力がありますよね。ER図やコードがすごい情報量で迫ってきます。ただ、ノートパソコンだと4Kディスプレイに出力できない場合もあるので要注意です。

導入ツール

お客様との打ち合わせも、社内のミーティングもTeamsを使うことが多いです。
つい最近使い始めましたが、とても便利ですね!
協力会社さんもいらっしゃるため、会話はWebEx、チャットはSlackを利用しています。
チャットはSlack、Web会議はWebExでやってます。
ツールはお客様環境のMeet。社内のTeams。

チーム構成やお客様にあわせて、Teams、WebEx、Hangouts、Slackなどを使い分けているみたいです。
 

Slack か Hangouts で一日中会話をつなぎっぱなしでやっています。
(通話品質が悪くなったら他方に移動してみたり)
画面共有: Slack の勝ち、音声品質: Hangouts の勝ち、な印象ですね。
お客様とチームを組んで作業していまして、SlackやHangoutsといったチャットツールをつなぎっぱなしにしています。
互いの画面を共有したり、miro(https://miro.com/) というオンライン付箋サービスを使っています。

つなぎっぱなしで仕事する、というのはいいですね! 他メンバーとの一体感も生まれそうです!
 

自宅は回線が細い(ADSL)ので、ビデオチャットツールごとの耐久性というか「粘り強さ」に差があることを感じます。 ツールによっては会話が成り立たない状態です。

映像+音声の品質がいいと感じる順番は

1. Slack, Hangouts
2. Teams
(越えられない壁)
3. Webex

という順です。

来週光回線にします。
お客様の環境がVDIなので、VDI内のTeamsで打ち合わせを実施しています。
#自宅(上限100MB回線)からのVDI利用ですが、オフィスと遜色なく業務出来ています。
 難点はやはりノートPCでは、画面が小さいということ。
 物理的な問題(モニターが必要)なのであきらめています。。

VDIでのTeams会議は音声が悪いため、画面共有はVDI画面、会話はiPhoneのTeams(イヤホンマイク必須)で使っています。
#もともとお客様のナレッジにあり、今回を機にチーム内で実践中です。
ツールは、顧客環境指定のVDI環境+GoogleApps。
顧客の常駐先で業務を行う場合もVDI環境なので、作業環境は変更ありません。自宅の方がネットワーク環境が良いので、サクサク動きます。
Hangoutsでの電話会議は、VDIを経由せずに利用するように指示で出ています。

自宅環境は、光回線、家族が動画のストリーミングなど利用していますが、特に不都合はありません。

パソコンの性能やインターネット接続速度によって使いやすさが変わるものもあるみたいですね。
作業者の環境や用途に応じた使い分けが必要になりそうです。

※使いやすさについてはあくまでも個人の評価です。特定環境(コメント者の一環境)での使用感であり、製品の評価を行うものではありません。

リモートワークお役立ちアイデア

在宅だからこそスケジュール管理

集中しすぎて打合せをすっぽかしてしまいそうで、カレンダーの通知機能を使いはじめました。
業務時間を区切らないと業務なのかプライベートなのかわからない時間が気持ち悪い。
9:00~18:00は、原則業務としています。

一人で仕事しているとスケジュール管理がなかなか難しいですよね。個人的にはラジオを付けながら仕事をするのがおすすめです。適度に音がある方が集中しやすいのと、時刻を教えてくれるのでメリハリがつけやすいです。

服装・身だしなみちゃんとしていますか?

在宅でも、スーツを着ることがポイントらしいです。 姿勢、心構えが大切ということですね。
カメラは必須にはなっていないですが、ヒゲを剃って着替えようというルールにはなっています。(紳士協定)
お客様との打合せ時は、下ジャージ、上スーツの不審者スタイルになります。
また、背景に変なものが映らないようアングルに注意しています。
在宅でも、朝起きたら着替える。
居室と仕事場所は変える(整理して別の部屋を確保)。
を心がけています。

自宅で仕事だからといって一日中パジャマで過ごしてはいけません!(自戒も含めて)
各チームでいろいろ工夫されているみたいです。でも下ジャージの工夫はなかなか複雑です。

ご飯・おやつも大事です!

すぐお腹がすくので、ガムとアーモンドとピーナッツとソーセージと焼き芋とブルーベリーなどをローテーションで摂取しています。
在宅だと間食のバリエーションを増やせていいですね。
お客様とリモート飲み会をやったりしました。

自分の家だと食べ物や飲み物の自由度が上がりますね! こういう機会だからこそリモート飲み会もいいかも。

打倒、運動不足!

通勤の移動がなくなって運動不足になるので、仕事前にランニング、仕事後にぶら下がり健康器とフラフープを始めました。
運動不足。走りたい。

運動不足は私も感じています……。実はリモートワークが始まってからちょっと太ってしまったので、最近は仕事終わりにウォーキングマシーンを踏んでいます。

リモートワークの悩み

お客様との会議の時は、マイク付きイヤホンを使っていますが、どうしても犬(←家の中で飼っている)の鳴き声が入ってしまうので(←しかも脈絡なく突然に)、お客様との会議を在宅で実施する時は、自家用車の中で実施します。
基本的に快適ですが、娘がたまに乱入し、膝に乗ってきたりPCを触ろうとするので、止めるのが大変です。
Web会議中は乱入に冷や冷やしますが、今のところ空気を読んでくれていて助かっています。
自宅ではリビングで作業しています。
在宅を始めた3月からちょうど学校が春休みに入ってしまい、外出できない子供達と在宅作業の相性の悪さを感じていましたが、2週間たった頃には仕事中は静かにしてくれるようになり、子供達の優しさを感じています。

社内会議でのペットやお子さんの乱入はなかなかほっこりします。リモートワークならではの風景ですね。ソリューション開発部では、月一回の部会でFace Tracking付き3Dアバターで登場した猛者もいました。
 

まわりに病院が多いので救急車の音が入らないか気にしながら、宅配便のピンポンを気にしながら音声打合せしてます。
幸い? 会社支給のPCは、カメラが無いので、会議は、音声と画面共有のみで、自宅の作業場所の考慮は、音だけです。
自宅の電話会議で困るのは、インターホンですね。切るわけにもゆかず・・・

まさかのインターホン。意外なところに敵がいました。

おわりに

当社メンバーもお客様先のルールを遵守しながら、いろいろと手探りでリモートワークに取り組んでいます。しばらくはリモートワークが続きそうですけれど、快適なリモートワーク環境を整えていきたいですね。

大変な状況が続いておりますが、社員一同力を合わせて頑張っていこうと思います!

  • 株式会社アークシステムの来訪管理・会議室予約システム BRoomHubs
  • 低コスト・短納期で提供するまるごとおまかせZabbix