Tag archives for Java

ソリューション開発部

Oracle JDK 8 の無償アップデート終了後の選択肢は何があるのか

こんにちは、ソリューション開発部の桑原です。 先日、日本 GlassFish ユーザー会さん企画の に参加させていただきましたので、参加レポートを書いていきます。 前提:JDKサポートについて JDK 11のリリースが間近に迫り、 Oracle JDKのJDK 11以降の商用環境においては有償ライセンスが必要となる。 Oracle社から提供されるOpenJDKビルドは半年ごとのリリースかつ無償更新…
続きを読む...
ソリューション開発部

Road to JUnit 5 (はじめてのExtension Model編)

こんにちは、ソリューション開発部の本間です。 この記事は アプレッソ Advent Calendar 2017 の20日目です。アプレッソ Advent Calendar に協力会社も参加しても良いとのことで、書かせていただいています。 去る9月に JUnit 5 がリリースされました! 「今すぐ JUnit 5 でテストを書きたい!」そんな前のめりになる開発者っていますよね。わかります、私もそん…
続きを読む...
ソリューション開発部

それでも Ant を使いたい人のための JUnit 5

こんにちは、ソリューション開発部の柴崎です。 本記事はアプレッソ Advent Calendar 第13日目の記事です。アプレッソ Advent Calendar に協力会社も参加しても良いとのことで、書かせていただきます! (2年連続2回目, 昨年の記事) 俺達は、Ant を……強いられているんだッ! 昨今 Ant をビルドに使うことも少ないかと思いますが、今現在も Ant 本体の保守・改修は続…
続きを読む...
ソリューション開発部

Spring SecurityでOpenID Connect認証してみた

こんにちは、ソリューション開発部の瀧口です。最近ダムが気になります。 先日ダムの観光放流に行ったのですが、そのスケールに圧倒されました。山の中に突然出てくる、まさに「そびえたつ」という言葉そのままの存在感。放流が始まるときの「ドドドドド」という音、雨ガッパがいるくらいの容赦なさで降り注ぐ水しぶき。あらためて、人間ってすごいモノ作るんだなーと実感しました。 ちなみに、その時ジムに置いてきたポケモンが…
続きを読む...
ソリューション開発部

Force.comの少し偏った教科書 : 3.Sitesにセッションを実装する

こんにちわ、ソリューション開発部の倉橋浩一です。 今回の偏りポイント 通常 Salesforce の Visualforce / Apex でページを作っていく場合、フレームワークが自動的に面倒を見てくれますので、セッションを意識することはありません。 しかし、このブログでお送りしているように Sites でページを作る場合にはセッションがサポートされません。つまり自分で実装する必要があります。 …
続きを読む...
ソリューション開発部

Spring Cloud Contract を試してみた

こんにちは、ソリューション開発部の桑原です。 現在私は、分科会活動として「マイクロサービスアーキテクチャ」の調査・検討を進めています。 本日は検討テーマの一つであるConsumer Driven Contract Testについて書いていきたいと思います。 Consumer Driven Contractとは コンシューマ駆動契約はアーキテクチャに対するテスト駆動開発のようなもの アーキテクチャレ…
続きを読む...
ソリューション開発部

新しい分科会 マイクロサービスアーキテクチャ研究会を発足

こんにちは、ソリューション開発部の中川01です。 2017年4月に、ソリューション開発部の分科会のリニューアルが行われ、新たにマイクロサービスアーキテクチャ研究の分科会を発足させました。精鋭6名のチームです。 マイクロサービスアーキテクチャって何? マイクロサービスアーキテクチャとは、James Lewis氏とMartin Fowler氏が「Microservices」で提唱したソフトウエアのアー…
続きを読む...
ソリューション開発部

Force.comの少し偏った教科書 : 2.Sitesを使おう!

こんにちわ、ソリューション開発部の倉橋浩一です。今年もアップルWWDCの抽選に外れてしまいました。 今回の偏りポイント Salesforceについての情報はインターネット上にたくさん公開されていますが、Sitesという技術についてはあまり見当たらないような気がします。しかし弊社のシステムでは機能の95%程度がSites上で製作されているため、避けては通れません。 ということで、Sitesについて見…
続きを読む...
ソリューション開発部

Force.comの少し偏った教科書 : 1.黎明編

こんにちは、ソリューション開発部の倉橋浩一です。 とはSalesforceのPaaS要素です(雑な表現ですみません>関係者)。 社内業務をを使って効率化できないかという話しになり、昔、Salesforceコンサルだった私にお鉢が回ってきました。ブランクが長いので最新のSalesforceはよくわからないのですが、昔からあまり変わっていない技術要素を使ってちまちまと実装しています。 ただ、<社内唯一…
続きを読む...
ソリューション開発部

JHipsterから学ぶ最近のJava開発事情

こんにちは、ソリューション開発部の瀧口です。 突然ですが、JHipsterをご存知でしょうか? ご存じない方のためにごく簡単に言うと、サーバーサイド SpringBoot + フロントエンド Angular (1 or 2) という、大変「いまどき」っぽいコードを生成する Yeoman のジェネレーターです。 単にソースコードを生成するだけに留まらず、JHipsterはビルドツールや実行環境、果て…
続きを読む...
12