こんにちは。ソリューション開発部 情報発信分科会の飯出(いいで)です。

本業であるシステム開発業務の傍ら、このブログや当社サービスである BRoomHubsまるごとおまかせZabbix、ならびに当社採用サイトの維持・管理を一手に引き受けています。あくまでも本業の傍らでの作業ですが、結構楽しみながらやっています。

時代の波に乗り遅れてしまった感はありますが、最近は当社の各サイトにチャット Bot を組み込んでUX(ユーザーエクスペリエンス)の向上を図ってみようかなとか考えています。

今回は既存のコンテンツから簡単に FAQ サービスを作成できると定評の AI サービス「QnA Maker」を使って、チャットからの問い合わせに答えてくれるサービスを作ってみたいと思います。

サービスの作成にあたり、今回は無料の Azure アカウントを用います。作成したアカウントを使って Microsoft Azure にログイン状態した状態でスタートします。

QnA Maker を使って FAQ データベースを作成する

今回はサンプルとして、当社採用サイトのよくある質問ページを取り込み、QnA Maker に学習させていきます。Web からデータベース化する以外にも、予め準備したファイルを使ってデータベース化することもできるようです。こちらについては、機会があれば試してみたいと思います。

採用サイトの「よくある質問」ページ

 

Cognitive Services > QnA Maker のページを開く

QnA Maker は、Cognitive Services と呼ばれる Microsoft が提供する人工知能 API の一種です。

Microsoft Azure の QnA Maker API を使用して、質問と回答のナレッジ ベースを作成できます。オンライン デモをテストして、この FAQ サービスがどのように機能するかをご覧ください。

[QnA Maker を試す >] をクリックして、QnA Maker のコンソール画面を開きます。

QnA Maker API のトップページ

 

QnA Maker のコンソール画面が開きましたね。

QnA Maker のコンソール画面

 

新規サービスを作成する

[Creare a knowledge base] をクリックして、新規サービスの作成画面を開きます。

新規に QnA service を作成する

 

新規サービスの作成画面が開きました。
Azure 上に QnA service を作りましょう。と、書かれていますので [Create a QnA service] をクリックします。
クリックすると、Azure の Portal (ダッシュボード)が開きます。

Microsoft Azure 上に QnA service を作成する

 

Azure 上に QnA Maker 用の領域を作成します。
ここでは、Name に「TrialFAQ」と入力して進めますが、お好みの名前を付けてください。その他の必須項目には、利用状況にあった項目を選択してください。入力し終わったら、[作成]ボタンをクリックしましょう。

Microsoft Azure 上に QnA service 用の領域を作成する

QnA Maker の新規サービス作成画面に戻ります。
ここでは Azure 上に作成した QnA Maker 用の領域に接続するための設定を選択していきます。もし選択肢が表示されない場合は、画面を再度表示(リフレッシュ)してみてください。きっと表示されます。(私の場合ですが、選択肢が表示されるまで若干時間が掛かりました。)

Azure 上で作成した QnA Maker の領域を選択する

 

URL を指定して、ページを解析する

続いて、KB(Knowledge Base)の名前を入力します。ここでも「TrialFAQ」と入力して進めます。
[Populate your KB.] 欄に、FAQ ページの URL を入力しましょう。ここで、当社採用サイトの「よくある質問」ページのURL(https://saiyo.arksystems.co.jp/faq/index.html)を入力します。

[File name] 欄は今回使いません。

入力を終えたら、[Create your KB] をクリックして、FAQ データベースの作成を始めます。

Knowredge Base の名前と解析するページの URL を入力する。

 

少々待ちましょう。
入力した URL のページを解析して質問と回答を認識し、取得した FAQ 情報をデータベースに蓄積しています。

入力した URL のページを解析して質問と回答を認識し、取得した FAQ 情報をデータベースに蓄積しています。

 

FAQ データベース完成

これで FAQ データベースの完成です!
当社採用サイトの「よくある質問」ページが解析され、画像では判りづらいのですが、質問と回答が全く漏れなく反映されています。

質問と回答が全く漏れなく反映されています。

ここまでのまとめ

あまりの簡単さに感動。QnA Maker すごい!定評どおり!

既存の FAQ サイトから上手くデータベースが作成できれば、ここまで10数分で出来上がります。ノンプログラミングかつ簡単にチャット Bot の基盤が構築できることがわかりました。

なお、当社にある別の FAQ サイトも QnA Maker で読み込んでみましたが、上手く読み込めませんでした。QnA Maker が質問と回答のペアをきちんと認識できる作りになっていないと、読み込めないようです。

次回は、作成した FAQ データベースに対して色々な質問を投げ、どのような回答が返ってくるか検証してみます。

こんにちは。ソリューション開発部 情報発信分科会の飯出(いいで)です。前回の記事に引き続き、既存のコンテンツから簡単に FAQ サービスを作成できると定評の AI サービス「QnA Maker」を使って、チャットからの問い合わせに答えてくれるサービスを作ってみたいと思...

それでは、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「株式会社アークシステム」をフォローしよう!

【QnA Maker①】AIサービスを利用して簡単にFAQ Botを作成https://devlog.arksystems.co.jp/wp-content/uploads/2018/07/aichat01-1200x630.jpghttps://devlog.arksystems.co.jp/wp-content/uploads/2018/07/aichat01-150x150.jpgiideソリューション開発部情報発信分科会クラウド利用技術AI,Microsoft,Azure,Microsoft Cognitive Services,QnA Makerこんにちは。ソリューション開発部 情報発信分科会の飯出(いいで)です。 本業であるシステム開発業務の傍ら、このブログや当社サービスである BRoomHubs、まるごとおまかせZabbix、ならびに当社採用サイトの維持・管理を一手に引き受けています。あくまでも本業の傍らでの作業ですが、結構楽しみながらやっています。 時代の波に乗り遅れてしまった感はありますが、最近は当社の各サイトにチャット Bot を組み込んでUX(ユーザーエクスペリエンス)の向上を図ってみようかなとか考えています。 今回は既存のコンテンツから簡単に FAQ サービスを作成できると定評の AI サービス「QnA Maker」を使って、チャットからの問い合わせに答えてくれるサービスを作ってみたいと思います。 サービスの作成にあたり、今回は無料の Azure アカウントを用います。作成したアカウントを使って Microsoft Azure にログイン状態した状態でスタートします。 QnA Maker を使って FAQ データベースを作成する 今回はサンプルとして、当社採用サイトのよくある質問ページを取り込み、QnA Maker に学習させていきます。Web からデータベース化する以外にも、予め準備したファイルを使ってデータベース化することもできるようです。こちらについては、機会があれば試してみたいと思います。  Cognitive Services > QnA Maker のページを開く QnA Maker は、Cognitive Services と呼ばれる Microsoft が提供する人工知能 API の一種です。をクリックして、QnA Maker のコンソール画面を開きます。  QnA Maker のコンソール画面が開きましたね。  新規サービスを作成する をクリックして、新規サービスの作成画面を開きます。  新規サービスの作成画面が開きました。 Azure 上に QnA service を作りましょう。と、書かれていますので をクリックします。 クリックすると、Azure の Portal...ARK Solution Development Division Developers Blog.