ソリューション開発部

本連載で解説しているStruts 1は、2008年にリリースされた1.3.10を最後に、2013年には開発者によるメンテナンスが終了しています。その最終版にも既知の脆弱性が複数存在するため、そのまま利用することは推奨されません。それら ...

プラットフォーム技術部

CentOS7/RHEL7のSELinuxポリシーのバグフィックスで、tomcatプロセスを制限のあるプロセス(confined)として動作させられるようになりました。バグフィックスを受け、晴れて制限ありプロセスとして動作するようにな ...

ソリューション開発部

今回はStrutsアプリケーションにおけるWebページ生成を効果的に行う機能「Struts-Tiles」について紹介します。

ソリューション開発部

ユーザーの入力値検証を検証する機能を提供するのが、Struts1.1から導入された Struts-Validatorです。このStruts-Validatorの使い方を、本稿ではStruts1.3を用いて紹介します。

ソリューション開発部

本稿ではStrutsバージョン1.3によるWebアプリケーションの作り方を解説します。前編の「概要編」ではStrutsの簡単な紹介を行っていますのでそちらも参考にしてください。対象としてはStrutsを初めて学ぶ方を想定しています。

ソリューション開発部

本連載ではStrutsバージョン1.3によるWebアプリケーションの作り方を解説します。本稿では「概要編」としてStrutsの簡単な紹介を行います。その後、続編である「構築編」において、Webアプリケーションの作り方を解説します。対象 ...

ソリューション開発部

この技術レポートではStrutsなど、J2EEシステム開発で有用なさまざまなオープンソースプロダクトを、開発者の皆さまに紹介していきます。ひと口にオープンソースプロダクトといってもその種類や機能、開発元などは非常に多岐にわたります。本 ...